Menu

労働環境の色と生産性


労働環境の色と生産性

労働環境としての「職場の色」は生産性にさまざまな影響を与えます。

壁紙と生産性の向上

例えば、グレーは時に閉塞感や陰鬱な印象を与え生産性にもマイナスに働きます。

逆に、赤は集中力向上、青は精神安定化に効果があり、生産性にプラスの影響を与えます。

このような色の効果を心理効果といい色彩心理学の分野で研究されています。

他の色によるアプローチの例

壁紙の色以外にも、例えばオフィスに観葉植物を置くなどでも労働環境の改善に効果があります。観葉植物によって、リラックス効果やストレス軽減効果が期待できるためです。

緑を目にすることによる心理効果だけでなく、空気の浄化作用にも期待できます。